2008年09月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの料理。

2008-09-29 (Mon) 14:50[ 編集 ]

インドに来てから10日目。今日は久しぶりに料理をしました。この家には料理をする人が常に3人います。インドに引っ越してくる前は自分達家族の料理くらいは自分で料理しようと思っていたのですが、私がキッチンに居るとかえって周りに迷惑かけたり、邪魔してしまうかも?と思ってここ10日はおとなしくしていました(笑)。

でも邪魔してしまおうが、迷惑かけようが、やっぱり現地の言葉を覚えるにはこうやってドンドン周りに入り込んでコミュニケーションをとるのが一番の方法だと思います。これからはどんどん、お邪魔させてもらうつもりです。インドの素材と調理器具を使っての料理はやっぱりオーストラリアで料理するのとは勝手が違うし、やりにくいことも多いのですが、きっとそれもそのうち慣れるでしょう。

昨日はオーブンを試してみたかったので、オーブンを使ってピザ、バナナケーキを作り、ポテトが大量にあるのでオーストラリアでよく食べられるポテトケーキ(ポテトの天ぷらかな?)を作ってみました。お食事料理というより、おやつですね・・・。この家にあるオーブンは小さく下火が強く、使いこなすにはもう少し時間と訓練が必要かも。

ピザは生地から作ったのですが、オーストラリアで苦労したイースト発酵はここでは楽勝、きれいに膨らみました。ピザ用のチーズをお店で買ったのですが、これが室温で売られててびっくり。室温保存のピザチーズって・・なんて国なんだここは。使うのは不安でしたが幸い、誰もお腹を壊していないので、どうやら大丈夫みたいです。

バナナケーキはもっちりした感じにしあがりました。インドの小麦粉はすごく真っ白で片栗粉のような白さ。この国でこれだけ白いものって何だか不気味です(笑)。使用した小麦粉が強力粉に近いものだったのかな・・ずっしりと重いケーキに仕上がりました。

ポテトケーキはいつものように美味しく出来上がりました。やっぱり揚げ物はどこに行っても美味しい。人目が気になるので料理画像にはとっていません。作った料理をデジカメで取ってたりしたらやっぱり変な人だと思われるますよね~(笑)。

スポンサーサイト

国会議事堂。

2008-09-25 (Thu) 07:41[ 編集 ]

今日はニューデリーにある、国会議事堂を少しだけ見学してきました。
今までインドに来ていたけれど、中まで入ったのは今回が初めてです。テロのターゲットになりやすい場所なだけにセキュリティは厳しいです。中に入るまでに3,4回身体検査をさせられたし、写真にまで撮られました。

円盤型の国会議事堂。すごく立派で厳粛な雰囲気。セキュリティーの関係から中で個人的に写真を撮ることが出来ず、画像には残せず残念。

中をぐるっと歩いていると、ソニア・ガンジーさんのお部屋の前を通りかかりました。「これって本当にあのソニア・ガンジーさんのお部屋?」と思わず聞いてしまったくらい。有名人のお部屋の前を通っただけなのにちょっと興奮してしまいました。私ってやっぱりミーハーなのかしら?

バッファロー肉のカレー。

2008-09-23 (Tue) 07:19[ 編集 ]

デリーの家での食事でよく牛肉のカレーが登場します。この牛肉のカレーは牛肉じゃなくてバッファロー肉のことも多いのですが、それが牛肉なのかバッファロー肉なのか見た目も味も見分けがつかないのでどっちであっても「牛肉のカレー」と呼ばれてます。

子バッファロー肉が美味しいという話を聞きつけ、先日アノワーが子バッファローの肉を買ってきました。これはさすがに普通の大人の牛肉、バッファロー肉とは全然違います。子供なので肉の赤味が少ないのです。羊の肉ならばラム、牛の肉ならば子牛、どちらも確かに大人になった肉の色よりも薄いですよね。これはたぶん草を食べてる期間が短いからだと思います。家畜の食べる草は鉄分が含まれてるのでこれを長く食べてると肉の赤味が強くなるというのを聞いたことがあります。

ちょっとネットで調べてみると、なんとバッファロー肉は、オメガ3系脂肪酸が豊富で、健康にもお肌にも良いらしいです。
高たんぱく、低脂肪、低コレステロールそして低カロリー・・。すごい!肉料理は毎日バッファロー肉でお願いします。(笑)

雄鶏目覚まし。

2008-09-22 (Mon) 07:18[ 編集 ]

ニューデリーに到着した翌朝、朝の5時過ぎに「コケコッコー」という巨大音で私もアノワーもそして子供達も驚いて飛び起きてしまいました。
雄鶏の鳴き声を生で聞いたのは私にとっては初めてだった私はそれが本物の雄鶏の鳴き声だとは思えず、
「誰よ、こんな朝早くに目覚ましを設定したのは!」と思わず壁時計を外して目覚まし設定を解除しようとしたくらい。

雄鶏は早朝に「コケコッコー」と鳴くということは小さい頃から世界中の誰もが知っていること。でもまさに完璧な「コケコッコー」を聞いた私はそれが本当の雄鶏が泣いてるとは思えず目覚まし時計のアラームだと思ったのです。

この早朝の「コケコッコー」に飛び起こされたアノワーは、その日庭に放し飼いにしてあった3羽の雄鶏のうち2羽をディナーにしてしまいました。
1羽だけ残しても泣くのに。今朝も午前5時20分、元気に「コケコッコー」。この残りの1羽が食卓にあがる日も近いでしょう。

でも、朝5時過ぎに起きたい人にはこの雄鶏は役に立つかも。自動雄鶏時計(笑)。

ニューデリーで新生活。

2008-09-19 (Fri) 07:07[ 編集 ]

お引越し・3。

台北からデリーまでは飛行機で6時間半。ニューデリーの義両親宅に到着しました。久しぶりに再会したインドのおじいちゃんと一緒に。

インドに来るのは約2年ぶりですが、顔なじみの人も多く、何となくホッと一安心。もっと暑いかと思っていましたがここ数日でめっきりと涼しくなったようです。ここ数日この時期には珍しく雨が降り続いてるらしく、私達一家は雨家族?(笑)

オーストラリアからインドへ。

2008-09-18 (Thu) 06:38[ 編集 ]

お引越し・1。 
4年5ヶ月生活したホーシャムを離れ、インドのニューデリーに引っ越すことになりました。
ホーシャムを離れる時、寂しいという気持ちは特に無くて自分でもびっくり。
忙しい日々に追われているので、きっとそういう気持ちに浸るのはずっと後のことなのかもしれませんね~。
画像はインドに行く途中のトランジット地、台湾・台北のホテルにて。シドニーから9時間半で到着。
暑い、蒸し暑い~。

今回は家族5人分の旅費を考慮して安いと評判のチャイナー・エアーを使用したけど、やっぱりイマイチ。
安い分サービスも悪いし、国内線なのに機内の座席もお粗末。トランジットホテルを用意してくれたのは有難かったけれど、なんと山奥のゴルフリゾートホテル。お部屋は最高だったけど、ホテル周辺は何も無い(苦笑)。市内の繁華街までも遠く、期待していた台湾ディナー!は残念ながら無理でした。

お引越し・2。 
台北空港にて。あんまり混んでなくてスムーズに。
次回はゆっくり観光旅行に来たいな。

新ブログです。

2008-09-17 (Wed) 09:30[ 編集 ]

Sea 


こんにちは。

オーストラリア・ホーシャムを離れインドのニューデリーに引越して来たので、これからは新しいブログでアノワー一家のインド生活をお知らせします。

日記のタイトルどおり、インドでの生活になるとはいえ、アノワーの故郷のアッサム州の生活スタイルになります。インドでも地域によって生活スタイル、食べ物の習慣など、そして言語も違って来ます。私達が送る生活はこのニューデリーに住むデリーの人々と生活スタイルが違うこともあるかとも沢山あるかと思いますが色々と楽しい日記を書いていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。