2009年02月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Humayun Tomb (フマーユン廟)

2009-02-14 (Sat) 10:23[ 編集 ]

Humayun Tomb 1

これはフマーユン廟です。今日は義父さんと私達家族、そして使用人さんの勢ぞろいで、フマーユン廟まで出かけてきました。ここは家からも近く、良く通りがかってはいたのですが、中に入ってきちんと観光するのは初めてです。少し小さくしたタージマホールみたいで、とても素敵でした。

Humayun Tomb 2

敷地内は庭園になっていてとても優雅です。

Humayun Tomb 3

 

Humayun Tomb 4

歴史的建物も沢山あり、ゆっくり見て回ると1日はかかるかも。


Humayun Tomb 5

いつもお世話してもらっている使用人さん達。

Humayun Tomb 6

学校から遠足で来ていた子供達。写真撮ってと言われて撮ってあげたけど、自分達はカメラを持っていなくて、私のデジカメでですよ!?(笑)しかたがないので、住所を聞いておきました。優しいおばちゃんが(笑)、そのうち郵送してあげますよ・・。





スポンサーサイト

サウジアラビアへ。

2009-02-07 (Sat) 18:55[ 編集 ]

今日は、義母さん、義姉さん、そして義姉さんの長男のアハド君の3人がサウジアラビアのジェッダに出かけました。義母さんはジェッダで開かれる会合に出席するためなのですが、義姉さんとアハド君は夫(父)の元へ。

昨年12月から義姉さんの夫はサウジアラビアのジェッダに勤務しています。当初義姉さんも一緒に行く予定だったのですが、休暇で次男がインドに滞在することになったり、ビザの関係で足止めとなっていました。今回、タイミングよく、義母さんの会合が重なり、とうとうジェッダに向かうことになったのです。義母さんとアハド君は2週間ほどでこちらに帰ってくる予定ですが、義姉さんはしばらくジェッダに落ち着くことになるでしょう。

お留守組は私達家族と義父さん。何だか家の中がすごーく広くなった感じがします。あと時間の流れもスローになったような・・・(笑)。インドに来てからはずっと大家族生活なので、時々ちょっと息苦しいことがあるのですが、しばらくのんびり過ごせそうです。

義姉さんの誕生日。

2009-02-03 (Tue) 09:54[ 編集 ]

今日は義姉さんの誕生日でした。子供達と学校帰りに花屋さんに寄り、花束を買い、その後義姉さんの好物のお菓子を買ってプレゼントしいました。

花屋さん・・。インドでお花を買ったのはこれが初めてです。エリザが濃いピンクのバラを20本選び、私が白ユリを5本選びました。こんな豪華な組み合わせで仕上がった花束の値段は400ルピー(日本円で1000円くらい)。日本人の感覚では激安ですが、インドの物価や生活から考えると、かなりの値段だと思います。たぶん日本の物価で考えると、1万円くらいの花束だと考えると良いかも。

いつものことですが、この400ルピーを支払うまでは長い時間がかかりました。この国ではいつものことなのですが、外国人である私が正しい売値で買うことはすごく難しいのです。外国人と見れば値段を上げるのが当たり前のこの国では買い物好きの私も買い物が苦手になりました。ちょっとしたものを買うにも交渉、そして値段を偽られていると思うと、一気に買う気持ちも失せるからです。この400ルピーの花束も最初は700ルピーと言われました。地元インド人のドライバーさんの助力でなんとか400ルピーまで値下げ。ドライバーさんによると、恐らく売値は300ルピーほどだというので、400ルピー払ってもまだ払いすぎだと言うことです。

さて、義姉さん・・。プレゼントはサプライズだったので、すごく喜んでくれました。その後、義姉さんが子供達をマクドナルドに連れて行ってくれて、子供達は大喜び。何だか子供達のお誕生日みたいになってしいまいました。

メルボルンへ。

2009-02-02 (Mon) 09:44[ 編集 ]

昨年11月から休暇でこちらに滞在していた義姉さんの次男のアヤ君。メルボルンの大学に通っているため、現在はオーストラリア在住。2ヶ月ちょっとの休暇も終わり、とうとう帰国の日となりました。今までアヤ君とは何度も会ったことがありますが、こうやって2ヶ月以上も一緒に、しかも同じ家で過ごしたことは無かったのでお互いを良く知る機会となったし、色々な発見もありました。

外国で1人暮らしをしながら勉強するというのはすごく大変なこと。アヤ君はオーストラリアが好きというわけではなく、勉強の為にしかたなく過ごしているようなので、とうとう帰国となり足が重そうに帰って行きました。今までは私達家族がオーストラリアに居たので、気持ち的にも心強かったようですが、今はやっぱり心細いようです。

子供達もいつも一緒に遊んでいたので、寂しそうです。でもまた6月の休暇の頃にはこちらに来られるようなので、それまで元気で頑張って欲しいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。